• 和彦 佐藤

LEDの寿命って10年?!

更新日:2020年11月2日

写真をご覧ください。

これは110W型直管LEDです。

樹脂部分が劣化し、クラックが入っています。

もう1本は発光面のポリカーボネートにまでクラックが入っています。

これらは落として割れた訳ではなく、天井器具に装着されていたものです。

110W型蛍光灯は、落下防止のクリップがついていますので、

そのクリップでなんとか落下しないで済んだ。

という事になります。



この劣化を見つけられた経緯を説明します。


「以前、LED化した110WLED管が2本切れているが、当時の担当営業さんにも会社にも電話がつながらない。佐藤さん見に来てくれませんか?」という1本の電話からでした。


「110Wが2本切れている」


このワードだけで、現場を見なくても交換の準備をする事は可能でしたが、

様々な不具合を見てきた私としては、見た方が良さそうだな。

という予感のもと、私立小学校の食堂へ向かいました。


天井高が4ⅿ近いため、下から目視しただけでは気が付きませんでしたが、

脚立に上って間近で見た時に、ぞっとしました。

クラックが入り、割れている。。。

総数70本のチェックを行った結果、ほとんどのLED管で同じ現象が起きていました。

落下防止クリップが設置されていますので、すぐに落ちるようなことはありませんが、

危険な状態である事には変わりありませんでした。


なぜこのような劣化が起きてしまったのかはわかりませんが、

普段私が扱う直管LEDと比べると、樹脂の厚みが少し薄いようでした。

樹脂そのものの品質が悪いか、設計が悪いのか?

いずれにしてもコスト削減されたLEDであったのでしょう。




このようにLED照明といっても、見ただけではわからない要素が沢山あります。

価格だけで比較できない大事な価値があります。


工事もやり直し、交換後は照度も10%以上アップしました。






36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示